新着記事

2006年03月31日

■最近観た映画(ボルドー)



【DE BATTRE,MON COEUR S'ARRETE】
監督:Jacques Audiard
主人公のTomに扮するRomain Duris が最高でした。
1974年パリ生まれ。

【Fingers(Melodie pour un tueur)】のリメークなんだそう。

コンサートピアニストを夢見る息子Tomに借金の取立てを命じる"ぐうたら"で情けないの親父・・・・かなりの暴力シーンにドキッとすることもしばしばですが、その反面、ピアニストを夢見る繊細な部分を見せるTomがいい!
posted by naoparis at 02:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

■第7回目『春の映画祭』2006


LE PRINTEMPS DU CINEMA 2006が今日からスタート!

期間は19日、20日、21日の3日間。

ほとんどのフランスの映画館(5300館)が参加。

入場券=3,50ユーロー/1回


http://www.printempsducinema.com/



暦の上では、フランスは明日3月20日(月)から"春"。
ボルドーの明日の最高予測気温は19℃!でフランスの最高気温らしいですよ・・(映画観てる場合じゃないじゃない!)
posted by naoparis at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

■アカデミー長編ドキュメンタリー賞は「皇帝ペンギン」

第78回アカデミー賞受賞式が5日、当地で行われ、長編ドキュメンタリー賞に「皇帝ペンギン」が選ばれた・・・


仏題"La Marche de l'empereur"、監督Luc Jacquet
オリジナルサウンドトラックを手がけたのが若手音楽学士、作曲家、アーティストでもあるEmilie Simon。先週の土曜日に、フランス音楽賞la Victoire de la Musique で la Meilleure Bande Originale de Filmサウンドトラック映画音楽最優秀賞を受賞。

『自分の国であるフランスで認められたのはとてもうれしいわ!』とコメント。このオスカー受賞のサウンドトラックは彼女の音楽がはずされてエントリー。複雑な心境のエミリーでした。

La Marche de L'Empereur

2005年05月13日

■スター・ウォーズ『エピソードIII シスの復讐』

フランスでは"La revanche des Sith"『La guerre des etoiles』 George Lucas

フランス国内での公式封切り5月18日を前にカンヌ映画祭で5月15日にコンペ外フィルムとして上映されます。

パリでは有名映画館【LE GRAND REX】 www.legrandrex.comが前売り・予約券を販売中。フランスの映画館は予約なしで当日券のみが本来ですが・・・ 社会的現象なんですかね〜先日も、TVニュースでアメリカ(NY)の路上で"スター・ウォーズ『エピソードIII シスの復讐』 "の初上映を待って野宿するファンたちを映し出し、 このイベントに参加するためにわざわざ仕事を辞めたNYに住む日本人女性がインタビューに応じていました。

ワールドカップ(サッカー)を現地で観るために仕事を辞めた日本人サラリーマン、スター・ウォーズを観るために仕事を辞めたキャリアウーマン・・ ・フランスのメディアではけっこう紹介されてますが・・・そこまで熱中できるものを持っている人は素晴らしいと思うし羨ましい限りです!

【Festival de Cannes 2005(Yahoo cinema)】-http://fr.movies.yahoo.com
【スター・ウォーズの鉄人】 www.starwars.jp/
■カンヌ映画祭 Cannes 2005 (2005-04-20 23:41)
続きを読む
posted by naoparis at 19:00 | パリ 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月14日

les Choristes



AMAZON FRANCELes Choristes - Edition Collector 2 DVD
FNACLes Choristes - Edition Double Collector

フランスでは最近コーラスブーム・・・

火付け役になったのは映画『les Choristes』監督Christophe Barratier 主演 Gerard Jugnot

舞台はボレロで有名なラヴェルが住んでいたお城、超厳しい館長が管理する非行少年たちを再教育するための寄宿舎に監視員として雇われた失業中の音楽の先生と生徒達の愛情物語・・・

850万人を動員、既にサントラは150万枚 DVDは200万枚の売上!
まさしくコーラス現象です・・・
監督Christophe BarratierはJacques Perrin の甥、プロヂューサーJacques Perrin 、Jacques Perrin の息子も出演。少年役の主役Jean-Baptiste Maunier は一躍スター!女の子達に超人気!*les Choristesオフィシャルサイト続きを読む
posted by naoparis at 02:45 | パリ ☁ | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

韓国人は、こう考えている

韓国人は、こう考えている
韓国人は、こう考えている
小針 進

続きを読む
posted by naoparis at 07:59 | パリ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月24日

野外上映

【サンシュルピス広場】
続きを読む
posted by naoparis at 08:57 | パリ ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月12日

アメリLe Fabuleux Destin d’Amelie Poulain

アメリ

アメリLe Fabuleux Destin d’Amelie Poulain
続きを読む
posted by naoparis at 21:28 | パリ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロシュフォールの恋人たち LES DEMOISELLES DE ROCHEFORT



続きを読む
posted by naoparis at 21:05 | パリ ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月01日

映画

pause-caféぽーずきゃふぇでは一度紹介しましたがボルドーの僕が一番利用している映画館がユートピアという映画館で、教会を改造した映画館。(内部)
会場(スクリーン)は5つ。
入場料は毎日初回は3ユーロー。(日によっても違いますが午前11時だったり、午後の3時だったり)その後は、5ユーロー。回数券(10枚綴り)で買うと一回が4ユーロー。パリの半額以下です。
セレクションも凄くよく、日本映画も必ずプログラムに入っています。現在プログラムにはいっている日本映画は・・・
LA FEMME DE SEISAKU (直訳:SEISAKUの女房 )
VOSTF(オリジナルバージョン、字幕フランス語) 1965年

Ayako Wakao,Takahiro Tamura・・・・
Yasuzo MASUMURA監督
GOZU
VOSTF 2003年

Hideki Sone,Sho Aikawa,Kimiko Yosino・・・
Takahashi MIIKE監督

最近この映画館で見た映画はこれこれ
posted by naoparis at 07:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする